セルライトを内部から破壊する、キャビテーションによる施術とは

女性にとって脂肪の悩みはつきもので、体型の改善には何らかの方法で燃焼する必要があります。一般的に、20分以上の有酸素運動を行うことで脂肪の燃焼が顕著になるので、カロリー制限と同様に習慣化していきたいものです。しかし、皮下脂肪の中にはセルライトと呼ばれる種類が存在し、通常の運動をこなしても燃焼されにくい性質を持ちます。その理由には、セルライトは皮下脂肪と老廃物や体内の水分がくっついてできるからです。しかも、太ももやお腹に付着される傾向にあるため、下半身太りに悩まされる女性が多いと聞かれます。

 

そんな中、美容クリニックではキャビテーションによる施術で、効果的に脂肪を取り除くキャンペーンを行っています。キャビテーションとは、体内に特殊な超音波を発することによって、皮下脂肪内に気泡を発生させる現象のことを指します。これは、流体力学の分野で用いられる言葉ですが、美容業界では「切らない痩身術」として注目が集められています。今でも脂肪吸引による手術が行われていますが、皮膚に執刀が成されるだけでなく、体への負担が大きいなどの弊害が取り沙汰されています。キャビテーションでは、超音波を駆使してセルライトを内部から破壊していき、リンパマッサージを経て脂肪を体外へ排出させていくので安全です。

 

キャビテーションが勧められる理由には、リバウンドのリスクが小さいことが挙げられます。リバウンドには、時間の経過とともに脂肪が蓄積されていくことで、肥満体に逆行する現象のことを言います。脂肪を吸引・切除する手術には、こうしたリバウンドする余地があるため、施術後も患者への喚起を促している程です。キャビテーションの施術には、従来の手術と同様にサイズダウンを果たしますが、脂肪細胞の量を減らすことによって、脂肪や老廃物を蓄積させるスペースを与えない特徴があります。このため、運動療法では難しい部分痩せも簡単に実現し、理想の体型を手にすることが可能となります。